WordPressの日本語有料テーマ 【2024年最新おすすめランキング】

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
※本ページは株式会社コクリが運営管理しています。

最近は、Cocoonなど無料のでも良いWordpressテーマが増えてきましたが、やはりWordPressの有料テーマと無料テーマではデザイン性が違います。無料のテーマは、どちらかというと、シンプルにまとまったものが多い印象です。

その点、有料のWordpressテーマの場合は、さまざまなニーズに対応して、デザインもインパクトのあるものから清潔感のあるもの、洗練されたスタイリッシュなものまで幅広いです。個人のブログはもちろん、コーポレイトサイトやECサイトなど、様々な用途で利用することができます。

さらにプロのデザイナーがこだわりを持って作っているので、デザイン性が高いですね。このようなテーマを使うだけで、プロが作ったような仕上がりになります。
実際このようなWebサイトを業者に依頼すれば、何十万円とかかるところをWordpressテーマであれば有料でも1〜3万円程度。

見た目の美しさだけでなく、ユーザー目線に立って見やすさや使いやすさにもこだわって作られているのでコストパフォーマンスがかなり高いですね。

WordPress有料テーマの選び方とポイント

  1. 料金はいくらか
    買い切りタイプの場合は、数千円〜数万円まで幅広い
  2. SEO対策ができているか
    基本的なSEO対策+構造化マークアップと表示速度対策はできているか
  3. デザイン性は高いか
    自分の作りたいサイトに合ったテーマを選ぶ
  4. 管理画面は使いやすいか
    できるだけシンプルで、カスタマイズ性が高いものを選選ぶ。

上記3つのポイントを基準に国内のWordpressの有料テーマをランキング評価した結果、以下の3つがおすすめトップ3となりました。自身の希望・用途に合ったWordpressテーマを選びましょう。

WordPressテーマ こんな方におすすめ 価格
【1位】ザ・トール
SEOを重視したサイトを作りたい方 16,280円〜
  • 「SEO・デザイン・機能」のすべてを兼ね備えている
  • 高速表示を実現
【2位】STORK19(ストーク)
WordPress初心者 11,000円
  • 洗練されたシンプルなデザイン
  • ショートコードが豊富にそろっている
【3位】AFFINGER6(アフィンガー)
アフィリエイトサイトを作りたい方 14,800円
  • アフィリエイトサイトに特化したWordpressテーマ
  • Webサイトを魅力的にしてくれるデザイン要素が多数用意されている

こちらの記事では、WordPressの日本語有料テーマを徹底比較し、ランキング形式にて解説します。また、希望別のおすすめのWordpressテーマについても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

著者情報

WEBサイト制作・運営者 荒木 厚
株式会社コクリの代表取締役。2018年よりWEBサイト制作事業・WEBメディア運営事業をスタート。WEBサイトの規模や目的によって、Wordpressテーマを使い分け、クライアントにより良いサイト運営を提案しています。また、WEBサイトのパフォーマンス向上を目的に、レンタルサーバーについて検証分析を行い、サイト運営に役立てています。これまでのレンタルサーバー運用実績50社以上。

WordPressの日本語有料テーマ国内ランキングTOP15!

こちらでは専門家目線で選んだWordPressの日本語有料テーマについて徹底解説します。コストパフォーマンスやコントロールパネルの使いやすさ、デザイン性やSEO対策を軸にランキング化し、各Wordpressテーマの強みや特徴をまとめてみました。
あなたの目的や用途に合わせて、希望のテーマを見つけてください。

【1位】ザ・トール

ザ・トールのおすすめポイント

  • 「SEO・デザイン・機能」のすべてを兼ね備えている
  • 高速表示を実現

ザ・トールの魅力は「SEO・デザイン・機能」のすべてを兼ね備えているところ。
ザ・トールには「デザイン着せ替え機能」があり、9種類のデザインを選ぶことができます。
また、53種類の見出し、498種類のアイコン、その他ボックスなど、多数のパーツが標準で用意されており、自由自在にカスタムができます。
さらに凄いのは、ザ・トールのSEO技術。最新のコーディング・検索エンジンに優しい構造化マークアップに対応。

またTHE THORの表示スピードはWordPressテーマの中でも最高峰で、「AMP・PWA」や「画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込み」など、高速表示も実現しています。
SEOで重要視されているモバイル対策がしっかり施されています。
THE THOR(ザ・トール)のライセンスは、1つのサイトに対してのみ適用されるものではないので、一度購入すれば複数サイトで利用することができます。

1つのテーマで9種類のデザインを選べるのは良いですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ブログ・アフィリエイト ・テーマ&サポートプラン:16,280円
・らくらくサーバーセットプラン:30,140円

【2位】STORK19(ストーク)

STORK19(ストーク)のおすすめポイント

  • 洗練されたシンプルなデザイン
  • ショートコードが豊富にそろっている

STORK19(ストーク)は、人気ブロガーのJUNICHIさんとOPENCAGEが共同で作り上げたWordPressテーマです。
こちらのテーマは、「新しいスマホビュー時代を作ろう」というコンセプトで開発されており、洗練されたシンプルなデザインが特徴です。
また「誰が使っても美しいデザイン」を追求し作られているので、HTMLやCSSの知識がない方でも美しいサイトを作ることができます。
さらにブログ運営においてよく使われるショートコードも豊富にそろっています
タンや枠、吹き出し等、ショートコードを挿入するだけでワクワクするような記事ページをつくることができます。
便利なランディングページ作成機能も付いているので、自作の商品や自社製品の販売につなげるページを簡単に作成したい方にもおすすめです。
ただ、「ストーク」は人気であるため、使っている人も多く、デザインが被りやすいのがデメリットですね。

スマホでの見やすさ・機能・デザイン性が抜群ですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ブログ 11,000円

【3位】AFFINGER6(アフィンガー)

AFFINGER6(アフィンガー)のおすすめポイント

  • アフィリエイトサイトに特化したWordpressテーマ
  • Webサイトを魅力的にしてくれるデザイン要素が多数用意されている

AFFINGER6(アフィンガー)は、アフィリエイトサイトに特化したWordpressテーマです。
ランキング機能など、アフィリエイトサイトには欠かせない機能が盛りだくさん。
AFFINGER6(アフィンガー)は、機能性だけでなく、デザイン性にもとことんこだわっているのが魅力の一つです。

美しい横向のグラデーション設定や、ストライプ、可愛い吹き出し、ポラロイド風のサムネイルなど、Webサイトを魅力的にしてくれるデザイン要素が多数用意されています。
カラーパターンは全12パターン、デザインパターンは4パターン、初心者でも簡単に48種の多彩なデザインを設定できる優れものです。
とにかく集客や収益に使いたいアフィリエイターやブロガーの方におすすめのWordpressテーマです。

初心者でも簡単に48種の多彩なデザインを設定できます。

おすすめジャンル・目的用途 価格
アフィリエイト 14,800円

【4位】Emanon(エマノン)

Emanon(エマノン)のおすすめポイント

  • Web集客に特化したWordpressテーマ
  • ページ内容に合わせてCTAを設置することができる

Emanon(エマノン)は、Web集客に特化したWordpressテーマで、ビジネス用として利用したい方におすすめです。
Emanon(エマノン)が優れているのがCTA機能。CTAとはCall To Action(コール トゥ アクション)の略で、Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導することです。
Emanonの場合、ページ内容に合わせてCTAを設置することができるので、問い合わせや資料請求、メルマガ登録などのCV率をあげることができます。
特にWordpressをランディングページとして利用したい方には、おすすめの機能です。
Emanon(エマノン)は、ブログやオウンドメディア向けの「Emanon Pro」、ビジネス向けの「Emanon Business」、様々な用途に使える高機能の「Emanon Premium」から選ぶことができます。

デザインもシンプルかつ上品なので、とても好感が持てますし、ジャンルを問わず利用できるWordpressテーマでしょう。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ビジネス・ランディングページ 9,800円〜

【5位】賢威(けんい)

賢威(けんい)のおすすめポイント

  • SEO業界で圧倒的な実績を持つWebプランニング会社「ウェブライダー」が開発
  • SEO戦略やコンテンツ制作などのマニュアルも豊富

賢威(けんい)は、SEO業界で圧倒的な実績を持つWebプランニング会社「ウェブライダー」が開発したWordpressテーマです。
上場企業や個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど2万7000人以上のユーザーがしていて、上位表示実績も多数あります。
SEOにおいて多くの実績を積んできた会社だからこそのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテーマ。
Googleが求めているSEOに最適化されるようにソースコードが設計されています。

SEO戦略やコンテンツ制作などのマニュアルも豊富で、そちらを求めて購入する方も少なくありません。
初心者フォーラムやSEOフォーラムなどが充実しているため、初心者でも戦略的なサイト運営ができます。
デザイン的にはシンプルなものが多く、企業サイトにぴったりのWordpressテーマです。
とにかく検索上位で収益を上げたい方におすすめです。

価格は高めですが、SEO的な効果を考えると決して高くはないでしょう。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ビジネス・アフィリエイト 27,280円

【6位】SANGO(サンゴ)

SANGO(サンゴ)のおすすめポイント

  • Googleのマテリアルデザインを採用
  • 「構造化データ」などの基本的なSEO対策を実装

SANGO(サンゴ)は、「サルワカ」さんが開発した有料のWordpressテーマです。
デザインは、Googleのマテリアルデザインを採用されていて、見た目が優しくとても心地良いですね。
アニメーション部分もすべてHTMLとCSSで実装されていて、ユーザーにも検索エンジンにも配慮された作りになっています。

サムネイル画像サイズの最適化や、コンテンツ内の画像の遅延読み込み、記事フッターの遅延読み込みなどの高速化も工夫されています。
さらに「構造化データ」などの基本的なSEO対策も、しっかり実装済みなので、しっかり集客したいブロガーさんも安心して利用できます。

また、見出しやボタン、ボックスデザインも多くのデザインがすでに用意されていて、使いたいデザインをショートコードで挿入するだけ。
他にも記事を華やかにしてくれるショートコードがいくつも用意されているので、デザインにもこだわりたいブロガーさんにおすすめです。

見た目が優しくとても心地良いですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ブログ 11,000円

【7位】AVANT(アヴァン)

AVANT(アヴァン)のおすすめポイント

  • イベントやセミナー情報サイト向けのWordpressテーマ
  • 動きのあるおしゃれなデザインがイベント情報を華やかに演出

AVANT(アヴァン)は、イベントやセミナー情報サイト向けのWordpressテーマです。
イベント情報サイトというと地味になりがちですが、AVANTは動きのあるおしゃれなデザインがイベント情報を華やかに演出してくれます。
とりわけヘッダーコンテンツは、多彩なレイアウトパターンを備えた分割スクリーンの記事スライダー、動画、Youtubeなど多くのフォーマットに対応しています。
ヘッダーメニューは、約20種から選択できるアイコンフォントのほか、自分で好きなアイコン画像をアップして設定することもできます。
イベントの告知ページは、月別に分類表示し、訪問者がイベントの日程をチェックしやすくなっていて、細部にこだわりの詰まったWorpressテーマになっています。

動きのあるおしゃれなデザインがイベント情報を華やかに演出されています。

おすすめジャンル・目的用途 価格
イベント・セミナー情報サイト 24,800円

【8位】SWELL

SWELLのおすすめポイント

  • 「ブロックエディター」に完全対応したWordpressテーマ
  • シンプルで飽きのこないデザイン

SWELLは、WordPress5.0から導入された新エディター「ブロックエディター」に完全対応したWordpressテーマです。
ブロックエディター(Gutenberg)とは、文章や画像などをブロックという単位で管理できて、位置調整やレイアウトの変更を、HTMLやCSSの知識がなくても簡単に行えます。

ブロックエディターは便利な機能なのですが、そのままではなかなか使いにくいものです。
そんなブロックエディターを使いやすくカスタマイズしたものがSWELL。
SWELLでは、「テーマカスタマイザー」という機能をフル活用していて、プレビュー画面を確認しながら項目を選択していくだけで、サイトデザインを柔軟にカスタマイズできます。
SWELLのテーマは、シンプルで飽きのこないデザイン。そのため読み手はコンテンツに集中することができます。

ウィジェットや広告管理機能も充実しているので、初めてWordpressを使ってブログに挑戦される方におすすめですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ブログ 17,600円

【9位】JIN:R

JIN:Rのおすすめポイント

  • わかりやすくて使いやすいブロガーさん向けのWordpressテーマ
  • 管理画面は直感的に操作できる

JIN:Rは、わかりやすくて使いやすいブロガーさん向けのWordpressテーマです。
配色やレイアウトが違う20種類以上のデザインプリセットが用意されていて、その中からお好みのデザインを選ぶことができます。
デザインは1クリックで反映されるので、初心者の方でも簡単に設定できます。

管理画面は直感的に操作できるような使用になっていて、説明書を読まなくても触っていけばなんとなく使い方がわかります。
なかでも記事の編集画面は、実際の画面とできるだけ見た目を近づけることで直感的な操作ができるように工夫されています。

WordPressの新エディターは、使いにくいという印象がありますが、JIN:Rでは使いやすく改変されているのでブロックエディターが苦手な人でも使いこなせるでしょう。

デザイン性も高く、柔らかく清潔感のある雰囲気が特徴です。
これからブログを始めたい女性の方におすすめです。

おすすめジャンル・目的用途 価格
ブログ 19,800円

【10位】LOTUS

LOTUSのおすすめポイント

  • スパやネイル、エステなどのサロン系店舗向けWordpressテーマ
  • 「コンセプトページ」や「地図ページ」、「メニュー内容・価格ぺージ」が用意されている

LOTUSは、スパやネイル、エステなどのサロン系店舗向けのWordpressテーマです。
美しいフェードのヘッダースライダーが女性心を掴み、スクロールするたびにコンテンツがふわっと浮かぶパララックスイメージが美しさを演出してくれます。
LOTUSには、トップページのほかに、「コンセプトページ」や「地図ページ」、「メニュー内容・価格ぺージ」など、タイプのデザインページを用意されています。
画像やメッセージを入れ替え、テーマオプションからカラーを変更するだけであなたの店舗にマッチしたサイトに印象を変えることができる優れものです。
Webサイトで女性の心を掴み、集客につなげたい方にオススメです。

女性心を掴むヘッダースライダーとパララックスイメージが美しさを演出してくれます。

おすすめジャンル・目的用途 価格
サロン系店舗サイト 12,980円

【11位】Tree

Treeのおすすめポイント

  • 飲食店向けのWordpressテーマ
  • デリバリー向けのコンテンツを掲載するテンプレートも搭載されている

Treeは、飲食店向けのWordpressテーマです。
おしゃれな雰囲気はもちろん、お店のこだわりなどをストーリーで伝えられるデザインがとても魅力的です。グローバルメニューは、わかりやすく機能的に配置されていて、使いやすさにもしっかり配慮されています。

また、時代の変化に合わせて、デリバリー向けのコンテンツを掲載するテンプレートも搭載されています。
ヘッダーとフッターには動画を設定することもでき、ユーザーに「お!」と思わせる演出も可能。
ホームページでしっかりお店の魅力を伝えたい飲食店様におすすめのWordpressテーマですね。

お店のこだわりなどをストーリーで伝えられるデザインがとても魅力的ですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
飲食店 25,800円

【12位】MONOLITH

MONOLITHのおすすめポイント

  • 建築メーカー、不動産向けのWordpressテーマ
  • マーケティングに重要な導線が敷かれている

MONOLITHは、建築メーカー、不動産向けのWordpressテーマです。
トップページの4つのコンテンツが整列するヘッダーが、ユーザーの想像を膨らませて、事業や取り組みをイメージで伝えることができます。
またトップには、「優先度が高いものから見せていく」というマーケティングに重要な導線が敷かれており、緻密に計算されています。
ポートフォリオや企業の実績を、カテゴリごとに紹介することができる「ポートフォリオ」も用意されています。
自社サイトからもしっかり集客したい建築メーカー、不動産会社の方におすすめです。

視覚的かつマーケティングに強いデザインが良いですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
建築メーカー・不動産サイト 12,980円

【13位】CURE

CUREのおすすめポイント

  • 歯科・病院・クリニックにおすすめのWordpressテーマ
  • 病院のサイトに必要なページのテンプレートが用意されている

CUREは、歯科・病院・クリニックにおすすめのWordpressテーマです。
ヘッダーの下に設置されている3点ポップアップは、個性的なアニメーションで病院のコンセプトをすばやく伝えることができます。
また右のサイドインメニューは、すぐに予約やお問い合わせができ、おしゃれかつ機能的です。こちらのメニューのアイコンは30種類以上のデザインから選ぶことができます。

診療案内やアクセス、スタッフ紹介など病院のサイトに必要なページのテンプレートはあらかじめ用意されています。
緊急的な大事なお知らせは、ヘッダーの上部に告知することができます。
ホームページをオンラインツールとして、しっかり活用した病院やクリニック様におすすめのWordpressテーマですね。

右のサイドインメニューは、すぐに予約やお問い合わせができ、おしゃれかつ機能的ですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
医療系サイト 25,800円

【14位】AGENT

AGENTのおすすめポイント

  • 求人採用に特化したWordPressテーマ
  • ファーストビューがとても印象的

AGENTは、求人採用に特化したWordPressテーマです。
最近は、求人特設サイトをつくる企業が増えてきましたが、その中でもこちらのAGENTのデザインは先進的です。
ファーストビューがとても印象的で、ボタンアクションもユーザーを惹きつけてくれます。
設定項目を埋めていくだけで秀逸なエントリーページが簡単に作成することができます。
企業のイメージアップにも繋がるような求人特設サイトを作りたい方にオススメです。

ファーストビューが印象的で、ボタンアクションもユーザーを惹きつけます。

おすすめジャンル・目的用途 価格
求人特設サイト 12,980円

【15位】KADAN

KADANのおすすめポイント

  • 和風サイト向けのWordpressテーマ
  • 「温泉」「客室」「料理」といった3タイプのオリジナルページテンプレートが用意されている

KADANは、温泉宿や和食屋など、和風サイト向けのWordpressテーマです。
トップページのファーストビューでは、縦書きのコピーを表示することができるヘッダーがとても印象的です。
他にも小見出しやリード文にも縦書きでデザインされていて、和風へのこだわりが徹底されていますね。
Webサイトの場合、縦書きでデザインを組むのはとても難しいのですが、KADANでは絶妙にレイアウトされていて素晴らしいです。

また、トップページにお好きなコンテンツをお好きな順序で配置できるよう、「コンテンツビルダー」機能が搭載。
さらにKADANでは、「温泉」「客室」「料理」といった3タイプのオリジナルページテンプレートを用意されているので、自分のお店にあったサイトを作成することができます。

縦書きのコピーを表示することができるヘッダーが印象的ですね。

おすすめジャンル・目的用途 価格
和風サイト 22,800円

【希望別】Wordpressのおすすめ有料テーマ

WordPress初心者におすすめの有料テーマ

STORK19(ストーク)のおすすめポイント

  • 管理画面はとてもシンプルで複雑な設定がいらない
  • ショートコードが豊富にそろっている

WordPress初心者におすすめの有料テーマは、STORK19(ストーク)です。
「誰が使っても美しいデザイン」を追求し作られているので、HTMLやCSSの知識がない方でも美しいサイトを作ることができます。
管理画面はとてもシンプルで複雑な設定がいらないので、カスタマイズをしなくてもそのまま使えます。
ボタンや枠、吹き出し等のショートコードも豊富に揃っているので、自分好みにデザインすることもできます。

テーマの購入後は、メールサポートを無料で利用することもできるので、初心者の方も安心。

SEOに強いWordpressの有料テーマ

ザ・トールのおすすめポイント

  • 最新のコーディング・検索エンジンに優しい構造化マークアップに対応
  • 表示スピードは、WordPressテーマの中でトップクラス

SEOに強いWordpressの有料テーマは、ザ・トールです。
ザ・トールは、最新のコーディング・検索エンジンに優しい構造化マークアップに対応。
構造化マークアップとは、Googleのクローラーにテキスト情報やコンテンツ内容を適切に理解してもらう記述方法のことで、SEOに有効とされています。

また、表示スピードも、WordPressテーマの中でもトップクラスで、AMP・PWAや画像遅延読み込み・CSSファイル非同期読み込みなど、高速表示も実現。
ページ表示速度は、Googleが検索結果のランキングの要因の一つであると公表しているので、SEOにはとても重要です。

他にもSEOで重要視されているモバイル対策がしっかり施されていて、SEOを意識するならザ・トールで間違いありません。

おしゃれなWordpressの有料テーマ

Muumのおすすめポイント

  • 洗練されたおしゃれなブログ向けのWordpressテーマ
  • ごちゃごちゃしてなくて、シンプルで機能的

おしゃれなWordpressの有料テーマは、Muumです。
デモページを見ても分かるように、とても洗練されていて、シンプルでおしゃれなデザイン。
細部にまで計算されつくされているので、見ていて気持ちの良いサイトデザインになっています。
おしゃれな吹き出しや見出しなど様々なクイックタグがあらかじめ用意されています。
2カラムを選択できたり、フル幅ヘッダーやロゴ・メニューの表示選択もできるので、自分好みのデザインにカスタマイズできます。

おしゃれなWordpressサイトを作りたい方におすすめのテーマです。

WordPressの有料テーマを利用する4つのメリット

デザイン性が高い

WordPressの有料テーマの一番のメリットはデザイン性の高さです。
テーマをインストールして有効化するだけで、まるでプロが作ったかのようにデザイン性が高い。
無料のテーマの場合は、HTMLやCSSでカスタマイズをして、デザインを調整する必要がありますが、有料テーマの場合はその必要がありません。
モバイルのレスポンシブデザインにも対応されていますし、見出しやボックス、吹き出しなどのデザインもあらかじめ用意されています。

初心者でも簡単にカスタマイズできる

通常、テーマのデザインを調整しようと思えば、HTMLやCSSなどの専門的な知識が必要となります。
有料テーマの場合は、管理画面にデザインをカスタマイズできる機能があらかじめ搭載されているので、初心者でも簡単にカスタマイズができます。
サイトのカラーやページレイアウト、見出しのデザインなど、ボタン一つで変更できます。

SEOに強い

有料テーマは、機能性も優れていて、タイトルやメタディスクリプション・パンくずリスト等、SEOに関係する設定も行えるようになっています。
テーマによっては、表示速度や構造化マークアップなど、直接検索順位に影響を与えるような機能も実装されています。
ただ、あくまでWordpressのテーマは補助的な役割なので、SEOに強いサイトを構築するためにはコンテンツを充実させることが重要です。

サポートが充実している

有料テーマの場合、サポートが充実しています。
マニュアルやフォーラムなどがあるので、わからないことがあれば、そちらを利用して解決することができます。
無料テーマの場合は、開発者がサポートを行っていないケースがほとんどなので、エラーやトラブルがあっても解決がなかなか難しい。

人気の有料テーマであれば利用している人も多いので、ブログやSNSでいろんな人の解決策を見れますよ。

WordPressの有料テーマの選び方4つのポイント

料金はいくらか

WordPressの有料テーマには、買い切りタイプとサブスクリプションタイプ(月額制)があります。
買い切りタイプの場合は、数千円〜数万円まで幅広い。サブスクタイプの場合は、月額が数百円〜数千円程度。
高ければ良いというわけではないので、機能性やデザイン、操作性など、自分の希望に合うテーマを選びましょう。

買い切りタイプの場合は、10,000円〜15,000円くらいが平均的な価格ですね。

SEO対策ができているか

現在のWordpressの有料テーマのほとんどが基本的なSEO対策(タイトル・メタディスクリプション・パンくずリストの設定等)は実装されています。
その中でも重視しておきたいのが、構造化マークアップと表示速度。
構造化マークアップはGoogleのクローラーにテキスト情報やコンテンツ内容を適切に理解してもらう記述方法のことで、SEOに有効です。
表示速度も検索結果のランキングの要因の一つとなっているので、非常に重要です。

こちらの2つを兼ね備えているテーマはまだまだ少ないですが、ザ・トールはどちらも搭載されているのでおすすめです。

デザイン性は高いか

WordPressの有料テーマを選ぶ場合、デザイン性も重要です。
サイトのデザインによって、サービスや商品の印象は変わります。
Wordpressのテーマには、ブログ向けや企業サイト向け、ECサイト向けなど様々。自分の作りたいサイトに合ったテーマを選びましょう。

カスタマイズ性が高く、自分で簡単にデザインを変更できるのかも重要なポイントです。

サイトの表示速度は速いか

WordPressのテーマを選ぶ上でサイトの表示速度が速いかどうかはとても重要なポイントです。
有料のテーマの中には、デザイン性が高く、アニメーションやクリックアクションが充実しているものがありますが、中には表示速度が非常に遅いものがあります。
このようなテーマの多くが、いろいろな機能が多すぎるために、表示までに時間がかかってしまうのが主な原因です。
サイトの表示速度が遅ければ、ユーザー側はストレスを感じてしまい、サイトが離脱してしまいます。

サイトの表示速度が速い方がGoogleからの評価も高く、SEO的にも良い影響を与えてくれるので、表示速度の速いテーマを選びましょう。

管理画面の使いやすいか

どれだけデザイン性が高くても、管理画面が使いにくいと自分が思った通りのサイトを作ることができません。
また、機能が多すぎて、どこを操作すれば良いのかわからないというのも困りもの。
管理画面はできるだけシンプルで、カスタマイズ性が高いものを選んだほうが良いでしょう。

操作マニュアルやサポート体制が充実しているかもチェックしておきたいポイントですね。

WordPressテーマとは?

WordPressテーマとは、サイトの構成やデザインを設定するために作られたファイルの集合体のことです。
通常、サイトのデザインを設定するためには、HTMLやCSSなどのコードを編集する必要があり、専門知識が求められます。
その点、Wordpressのテーマは、Webデザインやプログラミングのような専門知識がなくてもデザインを簡単に変更することができます。
また、Wordpressのテーマには、いろいろなデザインのものがあり、作成したいサイトの目的やイメージに合ったデザインを自由に選ぶことができます。
デザインだけでなく、コンテンツのレイアウトやフォント、色なども設定できるのがWordpressテーマの特徴です。

有料テーマと無料テーマの違いは?

有料テーマと無料テーマの大きな違いは、その機能性にあります。
例えば無料テーマの場合、デザインをカスタマイズしようと思えばCSSを書き換えなければならないケースが多く面倒です。
有料テーマの場合は、カスタマイズ性が非常に高く管理画面からレイアウトやカラーなど細かく設定することができます。
サポート面もしっかりしているため、わからないことがあっても問い合わせることができますし、マニュアルも充実しているので初心者でも簡単に対応できます。
他にもデザイン性やSEO面でも有料テーマの方が優れているケースが多いです。

有料テーマといっても、それぞれ特徴や強みが違いますので、自分に合ったテーマを選ぶようにしましょう。

WordPressのテーマをインストール(導入)する流れ

WordPressのテーマをインストール(導入)する流れを解説します。

  1. WordPressのテーマを購入・ダウンロードする
    Wordpressテーマの販売サイトから、ご希望のWordpressのテーマを購入します。
    購入手続きや支払いを済ませるとダウンロードをすることができます。
  2. WordPressのテーマをアップロードする
    Wordpressの管理画面の「外観」→「テーマ」→「新規追加」からWordpressのテーマをアップロードします。
    アップロードはzip形式で行うので、解凍しないようにしましょう。
  3. WordPressのテーマを有効化する
    Wordpressのテーマのアップロードが完了したら、テーマのアイコンの上にマウスを置き「有効化」をクリックします。
    これで、Wordpressテーマのインストールが完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Wordpressの有料テーマには、デザイン性の高いもの、SEOに強いもの、メンテナンスがしやすいもの、などなどさまざまです。
どちらのテーマも一長一短ありますので、自分のサイトの目的や用途にあわせて、選んでみて下さい。
また、新しいWordpressのテーマが続々と発売されていますので、良いテーマがあればこちらのページで随時更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

この記事の運営者情報

運営会社 株式会社コクリ
所在地 〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江2丁目2-1 4F
代表取締役 荒木 厚
設立 2012年1月5日
事業内容 Webメディア作成・運営
ロゴデザイン
キャラクターデザイン
名刺デザイン
ホームページデザイン
お問い合わせ お問い合わせはこちら