飲食業界は未経験者でも転職できる!?飲食業未経験におすすめの転職サイトも紹介

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています。

ここでは飲食業界を目指す未経験者に参考になる情報を紹介します。
飲食業界はアルバイトスタッフ中心で、正社員が少ない印象がありますね。
しかし、実際正社員募集もかなり多いですし、未経験者でも問題なく就職できます。
ステップアップして月収30万円、40万円得られている人も多くいます。
飲食業界で働く未経験者の実態に迫ります!

飲食業界は「未経験者歓迎」がなぜ多い?

求人情報を見ると、「未経験者歓迎」と記載された案件がいくつもあります。
マイナビ転職によると、飲食業界にそういった記載があるのは93.6%!

1位 美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
2位 販売・フード・アミューズメント 93.6%
3位 技能工・設備・配送・農林水産 他 90.3%
4位 保育・教育・通訳 90.1%
5位 医療・福祉 84.9%
6位 管理・事務 83.3%
7位 公共サービス 83.1%
8位 企画・経営 81.4%
9位 医薬・食品・化学・素材 80.1%
10位 コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%
11位 営業 78.4%
12位 クリエイティブ 73.1%
13位 電気・電子・機械・半導体 70.0%
14位 建築・土木 69.2%
15位 WEB・インターネット・ゲーム 57.1%
16位 ITエンジニア 48.6%

非常に高い数値ですね。
一言で言ってしまえば、人が足りないということ。
未経験でも良いから、とにかくたくさんの人に応募して欲しいと考えています。

人員不足の飲食店は下記のような状況が考えられます。

  • 出店地域にライバルが多く、人集めが難しい
  • 24時間営業の場合、深夜帯で働いてくれる人がどうしても少ない
  • 新規出店をして新たに人が必要になった
  • 社員が辞めてしまう

飲食業界は離職率が高いと言われています。
補充しても再び数年後には人手不足になっているということもよくあります。

こういった状況なので、未経験者にも十分チャンスがある業界です。

ただ、未経験でもチャンスがあると言って、むやみに飛び込んでしまうと転職に失敗してしまいます。まずは、飲食業界について、正しく理解しておきましょう。

未経験で何もできなくても大丈夫?

  • 「接客をやったことはない」
  • 「料理もやったことがない」
  • 「レジ打ちもやったことはない」

こういった人でも飲食業界に就職することは可能です。
もちろん経験者の方が優遇されますが、就職後に覚えていけば良いことばかりです。

ただスタッフ、お客さんとのコミュニケーションが必要な仕事ですから、面接時でもハキハキと受け答えをし、印象を良くしておくことは必要です。

最初は洗い物や配膳など簡単な業務からこなし、その後オーダー対応、電話注文など業務の幅を広げていくのが一般的ですね。

また、調理を行うこともあります。
調理は調理師しかできないということはありません。
免許がなくても料理をすることは法律上許されています。

一般的な業務を覚えたら、お店全体の管理を任されることもあります。
在庫管理や備品管理、食材の調達など。
将来的にはメニュー開発や企画に携われることもあります。

飲食業の転職で必要な資格は?

基本的に飲食業の転職において、必要な資格はありません。
飲食店や企業にて、日常業務を行いながら、経験を積み、スキルアップをしていきます。
ただ、資格を取得しておくことで、転職活動を有利に進めていくことができます。

もし2人が最終選考まで残っていて、どちらか1人しか採用できないとすれば、「資格の有無」で決まる可能性が高いでしょう。

以下に飲食業の転職に有利となる国家資格を3つ紹介します。

調理師 調理師免許は、食の管理・衛生に関する幅広い専門知識があることを証明する国家資格です。
料理人としての社会的信用が得られ、より地位の高い役職や責任ある仕事への転職に有利です。
管理栄養士 管理栄養士は、一人一人に合わせた専門知識と技術を持ち、栄養指導や栄養管理を行う資格です。
飲食業での管理職として高待遇が期待でき、病院・福祉施設・保健所・学校への転職にも役立ちます。
資格の取得が難しいため、給与に手当が付くケースもあります。
レストランサービス技能士 レストランサービス技能士は、接客テクニックや安全管理・公衆衛生・テーブルマナーなどの知識を保有していることを証明する国家資格です。
レストランのマネージャー職、ホテルの支配人などの管理職への転職に有利で、給与アップも期待できます。

上記のように、3つの資格を紹介しましたが、接客や販売経験は飲食業界で働くにはとても有利になるでしょう。

飲食業界で働いた場合の平均年収とは?

厚生労働省が発表している民間給与実態統計調査というものがあります。
その中で、宿泊業飲食サービス業に分類される平均年収は男性が323万円、女性は213万円となっています。

これだけを見ると非常に少なく感じてしまいますね。
ただ実際には正社員以外の方の収入も反映されており、正社員に限定すればもう少し高い水準を保たれると予想されます。

ただ飲食業界というひとくくりでは正確な年収は見出せません。
例えば、街の定食屋さんに就職するのと一流レストランに就職するのとでは年収も大きく違いますからね。
参考までにリクナビNEXTの求人で飲食業界はどれぐらいの年収幅が多いのか検証してみました。

  • 300万円以下:67件
  • 301万円~500万円:639件
  • 501万円~700万円:236件
  • 701万円~1000万円:38件
  • 1001万円以上:6件

上記のように300万円から400万円台の年収が、求人として多くなっています。
あとは地域によっても多少変動します。

都市部の方が、年収が数十万円高い傾向にあります。

未経験からより良い飲食業界へ就職するには?

自分で求人情報をチェックして応募するのも良いですが、転職エージェントに相談して色々な案件を紹介してもらうのがお勧め。

未経験者はどうしても経験者に比べて遅れを取っている状況ですから、その部分をどうカバーすればよいのかアドバイスしてくれます。
また、未経験者を多く採用している転職先も教えてくれる可能性も!
やみ雲に一人で応募するよりも内定を得られず可能性も高まります。

最初はどんなところを目指すべきか、就職先の環境なども考慮してくれます。
世の中にはサービス残業を行っている飲食店も多いですから、そういったブラック企業に就職しないためには転職エージェントに仲介してもらった方が安心です。
下記のページにて、飲食業に強い転職エージェントを比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店の求人サイトおすすめランキング【2023年最新版】

飲食業未経験におすすめの転職サイト

飲食業が未経験の人におすすめの転職サイト

フーズラボ・エージェントのおすすめポイント

  • 未経験歓迎の求人数は常時1,500件以上
  • 履歴書の添削、面接対策、条件交渉など、入社するまで親身にサポート

飲食業が未経験の人におすすめしたいのはフーズラボ・エージェント。
フーズラボ・エージェントの未経験歓迎の求人数は常時1,500件以上。
未経験の方には、担当のキャリアコンサルタントが面談時に、仕事のイメージを持ちやすいように、飲食業についてのお話を詳しく説明してくれます。
履歴書の添削、面接対策、条件交渉など、入社するまで親身にサポートしてくれて、面接時には同行してくれるので安心です。

高待遇求人や福利厚生が充実している求人を探している人におすすめの転職サイト

フードコネクトのおすすめポイント

  • 高待遇求人や年間休日が多い求人など福利厚生が充実した求人が充実

高待遇求人や福利厚生が充実している求人を探している人にはフードコネクトがおすすめです。
フードコネクトは、飲食企業との信頼関係が強いのが強み。
そのため、各条件面での交渉が有利で高待遇の求人を多く保有しています。
安定・優良企業も豊富で、年収600万以上の高待遇求人や福利厚生が充実している求人が多数揃っているのも魅力です。
またフードコネクトのキャリアコーディネーターは、親身になって相談に乗ってくれるので、将来のキャリアプランやワークライフバランスのことまでしっかり考えた上で提案してくれるので、利用者の満足度が非常に高いです。

飲食企業との信頼関係が強く、各条件面での交渉が有利なので、収入アップをしたい方はぜひ登録すべきサイトですね。

勢いのある成長企業に転職したい人におすすめの転職サイト

キャリアメニューのおすすめポイント

  • 勢いのある首都圏の250企業の中から厳選して紹介
  • 地方出身者にはライフステージにあった福利厚生があるような企業を提案

勢いのある成長企業に転職したい人におすすめなのはキャリアメニュー。
キャリアメニューは、飲食店専門の転職エージェントが勢いのある首都圏の250企業の中から厳選して紹介してくれます。
売上高10億の成長企業から東京銀座で50年の老舗企業、築地で愛される人気企業まで、幅広く求人を取り扱っています。
地方から首都圏へ出てくる外食企業勤務希望の方には、家族手当や引越代負担などライフステージにあった福利厚生があるような企業を提案してくれます。

地方から首都圏へ転職したい方は、ぜひ登録しておきたいサイトですね。