歯科医師の転職で失敗しないために確認すべき5つのポイント!

大部分の歯科医師は最終的には開業をします。それまで勤務医として働く方が多いですが、さまざまな理由から複数回転職をする歯科医師は少なくありません。
ここでは歯科医師の転職で失敗しないために確認すべき5つのことをご紹介します。これから転職を考えている歯科医師は参考にしてみてください。

余裕を持った転職スケジュールを立てる

実際に転職活動をする前に、余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。現在診察している患者や業務の引継ぎ、後任の歯科医師の確保などに時間がかかります。
円満に退職するためには、余裕を持ったスケジュールを立てて、多少アクシデントが起こったとしても対応できる時間的余裕を確保しておくことが理想的です。

大まかなスケジュールは以下の通りです。

転職スケジュール

  1. 退職の意思を固める
  2. 院長に退職希望を伝える
  3. 退職日を決める(退職届提出)
  4. 転職活動・引き継ぎ業務
  5. 退職
  6. 新しい職場に勤務

このスケジュールでポイントになる部分は、「院長に退職希望を伝える」「転職活動」の部分です。

「院長に退職希望を伝える」は転職活動を円滑に進めるためのポイントとなります。

また「転職活動」は、焦らず時間をかけて慎重に行う必要があります。理想は退職してからあまり期間をおかずに新しい職場に勤務することですが、退職から新しい職場に勤務するまで少し期間が開いてしまったとしても、焦らず納得できる勤務先を探すようにしましょう。
納得できる勤務先を見つけるためには、歯科医師向けの転職サイトを利用するのが良いでしょう。

おすすめの歯科医師向け転職・求人サイト徹底比較!2022年最新版

退職の意思が固まったら出来るだけ早く院長に伝える

歯科医院によって退職希望日の何日前に申請をすればよいのか規定がありますが、退職の意思が固まったらその規定の日数に関係なく、出来るだけ早く院長に伝えるようにしましょう。
こちらが伝える前に他の人から院長の耳に入ってしまうと、不信感を与え今後の転職活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

転職理由とこれまでの感謝の気持ちを伝え、院長側の事情を出来るだけ考慮して退職日を決めるようにしましょう。

また転職活動を始める前に退職希望を伝えた方がベターです。こちら側だけの都合を考えれば、次の勤務先が決まってから院長に退職希望を伝える方が楽かもしれませんが、院長側の心情を考えると円満に退職しにくくなる可能性があります。
どうせ退職するからどう思われてもいい、と考えずに出来るだけトラブルの種になるような行動は控えるようにしましょう。

条件面の優先順位を決めておく

院長に退職希望を伝え、院長側の事情を配慮して退職日を決めてから、転職活動を始めます。
新しい勤務先を決めるにあたり、さまざまな条件があるかと思います。しかし、全ての条件を満たす勤務先は簡単には見つからないでしょう。そのため、条件に優先順位を決めておくことをおすすめします。

給与面の不満で退職を決意した方なら、納得できる給与を貰える勤務先ならば他の条件は多少満たしていなくてもよい、などの少し妥協をすることで、自分に合った勤務先が見つかることがあります。

転職で失敗しないために確認しておくべき5つのポイント

それでは転職活動をする上で、ここだけは確認しておくべき5つのポイントをご紹介します。この5つのポイントを確認することで、転職に失敗する可能性はかなり低くなるので、慎重にチェックするようにしてください。

自己分析

自分の技術や経験などを確認しておくと、歯科医院の選択や面接のときなどにおいて役に立ちます。
また歯科医師として目指す方向性や専門、開業予定時期などを再確認しておくと、今後自分に必要となるものがわかり、一時の感情ではなくどのような条件を重視して歯科医院を選ぶべきかまとめることができるでしょう。

しっかり自己分析をすることで、転職活動を失敗する可能性はかなり低くすることができます。

給与面

転職活動において多くの方が最初に確認するのが給与面ではないでしょうか。
基本給だけでなく昇給額や回数、上限額、賞与の有無、賞与額、支給時期など給与面の情報をできるだけ聞いておきましょう。

また歯科勤務医の平均給与よりも大幅に高い場合は、なにかあるかもしれないと注意してください。平均給与よりも大幅に高い給与を支払うことには、必ず理由があるはずです。
自費治療の割合が高く、その分を勤務医の給与に反映させている歯科医院もありますが、長時間勤務や休日日数が少ないため給与を高くしている歯科医院もあります。

給与は高いけど時間給に換算したら平均以下だった、ということもあるので気をつけてください。

労働時間

労働時間が長いことを理由に転職を希望する歯科医師は少なくありません。
歯科医院によって休日や診察時間は異なりますが、週休1~2日、週40~44時間労働が一般的です。
これより長い労働時間でも、「専門性を高めたい」「スキルを磨きたい」などやる気に満ち溢れているときは問題がないように感じるでしょう。

しかし、体力的にきつくなったり、やる気が出なくなったりしても労働時間を減らすことができるわけではありません。契約時には労働時間に納得していたとしても、不満が溜まりまた転職を考える、ということにつながります。

一時のやる気に左右されることなく、平均的な労働時間の歯科医院を選択することをおすすめします。

人間関係

人間関係のこじれから転職を考える歯科医師は非常に多いです。
一般的な歯科医院は、数人の歯科医師と歯科衛生士が働いています。少数が働く閉塞された空間である歯科医院は、ひとりでも合わない人間がいると非常に働きづらくなってしまうものです。そのため自分と合わない人が働いている歯科医院を選択しないようにするのがベストです。

しかし、大学の先輩など知っている人が働いている歯科医院などは例外として、転職活動時に新しく勤務する歯科医院の人間関係を詳しく知ることは難しいでしょう。そのため、雇い主となる院長の人間性だけでも確認しておきましょう。

また給与面や労働時間に問題があるようにはみえないにもかかわらず、歯科医師や歯科衛生士の出入りが激しく頻繁に求人募集をしている歯科医院は、人間関係に問題がある可能性が高いということも頭に入れておくとよいでしょう。

歯科医院の理念や専門性

歯科医院の理念や方針に共感できないと、最初は我慢をしていても不満が溜まっていき退職を考えるようになる可能性が高いです。治療方針や理念に共感できる歯科医院でなら、今まで以上に意欲的に働くことができ、技術や能力を発揮することができる可能性があります。

また転職先の歯科医院のうりとしている分野と、自分の専門分野もしくはこれから力を入れたい分野が異なっていると、スキルを向上させる機会がなく、また転職を考えざるを得なくなるかもしれません。

自分が力を入れたい分野の症例を多く経験できる歯科医院を選ぶことをおすすめします。

評判

歯科医師の世界は狭いため、悪い評判というのはいつの間にか漏れてしまうものです。同僚や先輩医師などに転職先の歯科医院の評判を聞いてみましょう。全ての噂や評判が正しいわけではありませんが、有益な情報を手に入れられる可能性があります。

まとめ

歯科医師が転職で失敗しないために確認すべきことを紹介しました。
転職は人生で大きな決断のひとつです。今転職をするべきかを含め、自分にとってどの選択がベストかよく考えましょう。くれぐれも一時の感情に流されて、あとで後悔をしないようにしてください。上手に転職できればキャリアアップになり、素晴らしい未来へとつながるでしょう。

転職活動を成功させるためには?

転職活動を成功させるためには、歯科医師向けの転職サイトを活用されることをお勧めします。
こちらでは、専任のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるため、スムーズに転職活動を進めることができます。
好条件・高待遇の魅力的な求人に出会うことができるので、転職をお考えの方は、ぜひご活用ください。

おすすめの歯科医師向け転職・求人サイト徹底比較!2022年最新版